アカシックレコードからあなたの魂のエッセンスにアクセスし曼荼羅(マンダラ)として描くアカシックビジョン


●アカシックビジョンの使い方例

様々な活用方法が考えられますが、下記がその一例になります。参考にして、あなたらしい使い方をしてみてください。

●通常の絵やイラストと同じように飾ってください。その際、あなたがもっともリラックスできる部屋や、いつも目が付く場所に飾るのがよいでしょう。そうすることで、インスピレーションや直感として、今必要なビジョンや情報、メッセージがやってくるでしょう。

●ぼーっとアカシックビジョンを見つめます。全体を見つめても構いませんし、気になる場所だけでも構いません。その際、ジーっと一生懸命見つめるのではなく、ボーっとソフトフォーカスで、できる限りまばたきをせずに見つめ、その状態を集中してみます。立体視の様な感じです。うまくいくと、3Dのように見えてきたり、絵の中に別の絵が見え始めたりしてきます。そして、今必要なメッセージや、情報が集中した状態からやってくるでしょう。

●例えば、あなたがヨガや瞑想を実践されている場合、アカシックビジョンをお供に実践してみてください。上記の見つめる方法も瞑想の一つになりますが、何か意図をもって行っている際に飾ることで、エネルギーが増幅し、いわゆるパワースポットになります。

上記の方法にこだわらず、あなたらしい使い方を発見してみてください。